2017年7月27日木曜日

県外調査

7月20日、県議会保健福祉委員会の県外調査で三重県動物愛護推進センター「あすまいる」を訪問しました。同センターでは、犬猫の譲渡事業等を聞き取り調査するとともに施設内を見学しまた。人と動物が笑顔でで暮らせる希望の未来を目指して、今後も取り組んでまいります。



県外調査

7月19日、県議会保健福祉委員会の県外調査で三重大学医学部附属病院を訪問しました。現地では、医療関係者から先進医療や高度医療の取組み等を聞き取り調査するとともに施設内を見学しました。

2017年7月11日火曜日

県議会だより

7月10日、たかさき進県議が所属する情報委員会が開催され、いばらき県議会だよりの紙面構成や発行日について協議しました。県議会だよりの発行日は、7月16日に決まりました。今回の県議会だよりには、たかさき進県議が一般質問した記事も掲載されております。


2017年7月7日金曜日

情報委員会

7月6日、茨城県議会情報委員会の県外調査で兵庫県議会に伺いました。今回の調査は、兵庫県議会における点字による議会広報や県議会だより、SNSを活用した広報の実施状況など勉強しました。今後も情報発信の充実に努めてまいります。

2017年6月27日火曜日

ドクターヘリ法成立から10年

ドクターヘリの全国配備をめざす法律が成立して、今年で10年。医師や看護師が同乗し、患者を治療しながら医療機関に搬送。2015年度の搬送件数は2万4188件。
認定NPO法人「緊急ヘリ病院ネットワーク」によれば、ドクターヘリにより治療を迅速に開始することで、救命率は地上での救急活動に比べて3割以上向上し、社会復帰できた人も1.5倍に上ると言われています。
公明党は生命尊厳の観点から、国会ではドクターヘリ特措法を成立させました。さらに私ども茨城県議会公明党など全国の議員が早期整備を求めてきました。


ドクターヘリの運用について説明を受ける茨城県議会公明党
(左から井手県議、八島県議、高崎県議、田村県議)
 

2017年6月16日金曜日

常任委員会

茨城県議会は昨日から常任委員会が開会されました。たかさき進県議は保健福祉委員会に出席し、「県立あすなろの郷」建て替えに関する検討委員会の審議状況、保育所の待機児童に関する質問をしました。

2017年6月15日木曜日

要請書

6月14日、茨城県議会公明党議員会は、6月6日に作業員の内部被ばく事故が起きた日本原子力研究開発機構大洗研究開発センターを現地調査し、開発センター塩月正雄所長から事故の概要を聴取するとともに、要請書を手渡しました。


写真は左から、原子力機構塩月正雄所長、三浦幸十俊理事、井手よしひろ県議、たかさき進県議、八島功男県議、柴田佑美子大洗町議。